用語辞典 Glossary of terms

髪・頭部の部分名称用語

フロント
頭の前の部分。
バング
前髪のこと。
フェイスライン
顔まわり(額〜もみあげ)の生え際部分のこと
トップ
左右の耳を頭の真上で結んだ場所。頭頂部とその周辺のこと。
ハチ
トップの両サイドで頭蓋骨が一番出っ張った部分。
ネープ
襟足かぼんのくぼあたりの生え際部分のこと。
襟あし
首のつけ根、髪の生え際一帯のこと。

スタイル

ショートヘア
主に毛先が肩から顎のラインまでの髪の毛の長さをショートヘアと呼ぶ。
ボブ
「おかっぱ」と呼ばれるヘアスタイル。前髪以外は段をつけず、再度・バックともに同じ長さに揃える。ボブをアレンジしたボックスボブ、ステップボブなど多種多様なスタイルがある。
ミディアム、セミロング
毛先が肩にかかるかかからないか程度の髪の長さをミディアムヘア・セミロングと呼ぶ。
ロング
毛先が肩からトップバストまでをロングヘア、それ以上を超ロングという。

ページ上部へ

カット用語

セニングカット
刃が粗いくし状になったすきバサミを使って毛先を削ぐカット法。全体の長さを変えずに毛量を減らせる。毛先にランダム感を出す時にも使う事が多い。
スライドカット
ハサミを髪の根元・中間から毛先に向かって滑らせ、カットする方法。毛先が軽くなり、全体に動きが出る。
ストロークカット
毛先を持ち上げ、毛先から根元へ向かってハサミを滑らせ、髪を削ぐカット法。断面に角度がつけられ、ボリュームをコントロールしたり毛先に動きをつけたり、軽い感じに仕上げることができる。
レイヤーカット
“層にする”・“重ねる”というレイヤーの意味から、上が短くしたが長くなるように緩やかな段差をつけていくカット手法。高い位置に段差をつけて髪全体に動きをつけて髪全体に動きを出すには「ハイレイヤー」、低い位置に段差をつける「ローレイヤー」は落ち着いた雰囲気にしたり毛先に軽さをだす時に使われる。
グラデーションカット
上の髪が長く、下が短くなるように緩やかな段差でより細かい重なった層をつくるカット法。ボリュームを出したり、毛先に動きを出すことができ、角ばったすそ部分に丸みをつけるためによく使われる。レイヤーよりも細かく段差をつけるので、丸みやふくらみが出やすい。
ドライカット
髪が乾いている状態でカットする手法。仕上り時に全体のバランスを整えるために使うことが多い。
レザーカット
カミソリ(レザー)を使って髪をそぐようにカットする方法。カットした髪の断面が斜めになるため、ランダムなスタイルに仕上がり、柔らかい感じを出す事ができる。硬い髪、太い髪に使うとまとまりのいい優しいイメージに仕上がる。
エフェクトカット
スタイルの微調整に使われるカットテクニック。髪がドライもしくはハーフドライの状態の時に持ち上げて少しづつ落としながらカットする。ランダムな長さになり、立体感を出すことができる。
ブラントカット
髪の毛に対して横から直角に直線的にハサミを入れ、まっすぐ直線的にカットするベーシックな手法。毛先を揃えずギザギザに斜めにそぐカットに比べ、軽さや躍動感が得られませんがスッキリとしたシルエットが得られ、毛髪の断面も直線的にカットされ髪の毛が傷みにくい。ボブやワンレングスなどに用いられる。

サロン検索 SALON SEARCH

エリア
サロン名
キーワード

ビューティパス取扱店舗 一覧を見る

キレなろモデル募集 KireNaro Model

ヘアスタイルモデルエントリー 難解な髪質でもなんでもヘアスタイルの悩みが解決できてモデルも出来ちゃいます。詳しく見る

ページ上部へ